排尿痛と血尿

排尿時に局所に痛みがある場合、尿道や膀胱の炎症が原因です。
排尿時の痛みは、痛みのタイミングから炎症が起こっている部位を推測できます。
排尿し始めの場合は、尿道の人リロ付近の炎症、終わるころの場合は、尿道の奥の方や膀胱の炎症です。
排尿中ずっと痛む場合は膀胱の炎症、排尿が終わったあと場合は、膀胱や前立腺の炎症が原因です。
膀胱炎は、尿道の短さのため女性が細菌感染しやすく、尿道炎は、性行為による淋菌やクラミジアに感染の場合、男性に多です。
尿路系の炎症は、結石や異物による刺激やがんによって起こることもあります。
早めに内科または泌尿器科を受診しましょう。
尿に血液が混じるものを血尿といいます。
肉眼で血液と確認できるものと、顕微鏡で観察しないとわからないものがあります。
なお、血尿という時は、血液のなかでも赤血球が出ていることを指します。
ヘモグロビンが出た時も尿が赤く見えますが、こちらはヘモグロビン尿として区別されています。
血尿は腎臓→尿管→膀胱→尿道から排出という経路のどこかに炎症や結石、腫瘍などがあり、出血している時に起こります。
結石が原因の場合は、結石が腎孟や尿管、膀胱などの壁を傷つけて起こるので、激痛を伴うことが多いです。
血尿には悪性の病気が隠れていることもあるので、血尿を確認したら、必ず詳しい検査を受けましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。